【手抜き弁当】を手抜きに見せないためのポイント☆

こんにちは。

手抜き・節約弁当で健康生活☆

健康管理士一般指導員の

高田みなです。



さて今朝もいつも通りにお弁当を作りました。

作りながら、ぼーっと考えていたこと。


手抜き弁当だけど、手抜きに見せないコツってなにかあるかな…

あるんです!




私は常にいかに「手を抜くか」を考えながら作っているので、あるある、たくさんありまーす!


今日はその一つをご紹介しますね。

カラフル弁当.jpg


それは

色のバランス

です。




普段の食事にも当てはまることなのですが、人は食べる前に「目」から入ってくる情報をもとに

美味しそうだな~

と感じるものです。



味はともかく、まずは見た目でいろんな色が入っていると

「美味しそう」
「豪華にみえる」

などと思うわけです。



ということは…


いろんな色がはいっていると、なんとなく手抜きされた感が薄れるのです!(笑)





お弁当だと

白(ごはん)

をベースに、

赤、黄、緑(おかず、副菜)

それから

茶、黒

などが入ると一気に豪華に見えるし、美味しそうに見えますよ。



:人参、トマトなど
:たまご
:葉っぱもの、いんげんやブロッコリー、ピーマンなど

:煮物、揚げ物など
黒:海苔、黒ゴマ



私がよくやるのは、前日の夜の残りもの

煮物や炒めものをたくさん作って余らせて、お弁当のおかずに…

というときでも、少しだけ工夫して

「緑」色のなにかをちょっと入れるだけで、全体が引き締まる感じになるのです。



ここ最近のマイブームは「大葉」です。

食べられる葉っぱ!

仕切り代わりにも、彩りにもとっても優秀。





私は基本的に、お弁当箱は食べ終わったら箱だけにして持ち帰りたいので
カップ(アルミやシリコンなどありますね)、ピックなどは使いたくないので使いませんが

どうしても、その色の食材がない!

っていうときには、カラフルなカップやピックなども上手に使うとそれだけで
ぐんと美味しそうに見えて、お弁当タイムが楽しくなりますよ~

ぜひお試しください!




こういうのとか。
今は100均にもたくさん売っていますねー。



というわけで、こういうちょっとした「コツ」は少しずつ記事にしていきますね。
それではまた明日。

この記事へのコメント

twitterはこちら
@ttaka_bento
たかだ家の食卓