おろし生姜(しょうが)は簡単!

こんにちは。

手抜き・節約弁当で健康生活☆

健康管理士一般指導員の

高田みなです。


昨日は、寒い季節におススメの食材、生姜(しょうが)の話をしました。

まだのかたはこちらから⇒

寒い冬に欠かせない食材【生姜】


ショウガ紅茶.jpg


ご存知のように、生姜ってそのままかじって食べる、とかメインの食材ではありません。

使うときは、

刻む
●薄切り
●千切り
●みじん切り

すりおろす
という方法が一般的かと思いますが、その時にあなたはどんな道具を使いますか?


刻む、は包丁とまな板ですよね(きっと)

すりおろす、は…





こういうタイプのもの、でしょうか。


私も以前は、セラミックのおろし器を使っていたのですが


すりおろした生姜が、おろし器にくっついて、ガリガリやるのが面倒

すりおろした生姜のうち、使う生姜の量と、おろし器にくっついて取れない量があんまり変わらない?もったいない!

洗うときも、先が細かいブラシでゴシゴシするのが面倒


となり、どうしたものかと考えて

あるとき、大根おろしでおろしてみたら、


えっ!


と驚き。簡単、早い。おろし器を洗うのも楽。



それ以来、大根おろし器を使うようになり、扱いが楽だからサッとだしてサッと使ってサッとしまう、ができるようになりました。

主に、肉の下処理のときに皮ごとすりおろしてつかうので、生姜の繊維も混ざっていきますが
美しい薬味としての生姜を求めていないので、問題なし。


見た目の美しさを求めるなら、専用の薬味おろしが良いでしょうね。


我が家の大根おろし器はかなり使い込んで古くなってきたので、そろそろ買い替えかな~?と思っていますが

探してみても、コレ!というものがなく、今と全く同じものを買うことになりそうです。

これ以上に使いやすいのはないと思う。




これです!


大根おろしを作るときは、水切りネットの容器をセットして使います。
生姜のときは、この上の部分だけを手で持って、食材の上に持っていって生姜をさささとおろします。

ほかには、長芋をおろすときは、水切りネットの容器を外して使います。


コンパクトサイズなので、キッチンの引き出しに入れておくと使いやすいのです。


もしかしたら、大家族のご家庭には向かないかも。
ひとり暮らし、または2人暮らし、くらいには超おススメです。


というわけで、今日はショウガおろしのご紹介でした!

この記事へのコメント

twitterはこちら
@ttaka_bento
たかだ家の食卓